テント倉庫ガイドのメイン画像
           

おすすめのテント倉庫建築メーカーをランキング形式で紹介します!

低コスト且つ短い納期で立てられるテント倉庫は、さまざまな場所で活用されています。空いた土地などにテント倉庫を建てようと考えている方もいるのではないでしょうか。

便利でさまざまなところで活用されているテント倉庫ですが、実際に建てるとなると疑問点もあります。

・テント倉庫ってどのくらい費用がかかるの?
・テント倉庫のメリットは?
・どんなメーカーに依頼すればいいの?

この記事では、これらの疑問を解決するのに役立つ知識をまとめました。あわせて、テント倉庫の耐用年数や、設置に関係する法律など、テント倉庫を利用するのに必要な情報も掲載しています。テント倉庫の設置を検討するのにお役立てください。

このほか、テント倉庫のより具体的なイメージを持つのに役立つコンテンツとして、WEBアンケートをもとにおすすめのテント倉庫をランキング形式でご紹介します。

テント倉庫の設置を検討されている方はもちろん、保管庫や作業場・仕分け場などを安価に設置できる方法はないか知りたい方にも役立つ情報です。

こちらのサイトで知識を得れば、よりお得に、便利にテント倉庫を利用できるようになります。テント倉庫を購入・設置する前に、ぜひご覧ください。

設計・製造・施工まで自社対応!確実な技術力と提案力が叶えるオーダーメイド
山口産業の画像

引用元:https://membry.jp/

山口産業は、膜構造の提案・製造を通して、幅広い事業領域で課題解決に取り組む企業です。豊富な実績とノウハウを持ったテントマイスターが提案から設計、製作、施工まで全国の案件に対応しているので、安心してテントづくりを依頼することができます。

新技術についていち早く取り入れる姿勢と知識の深さは随一で、顧客の要望に対しても柔軟に対応できる高い技術力を持っています。

山口産業の画像

引用元:https://membry.jp/

山口産業は、膜構造の提案・製造を通して、幅広い事業領域で課題解決に取り組む企業です。豊富な実績とノウハウを持ったテントマイスターが提案から設計、製作、施工まで全国の案件に対応しているので、安心してテントづくりを依頼することができます。

新技術についていち早く取り入れる姿勢と知識の深さは随一で、顧客の要望に対しても柔軟に対応できる高い技術力を持っています。


低コスト&短工期
提案~施工まで一貫対応

専門資格保有者が多数
プロの提案力&技術力

数多くの認証取得
第三者機関が認める品質

豊富なオプション
幅広いニーズに対応

山口産業の基本情報

特徴

豊富な実績、ノウハウを持ったテントマイスターによる信頼の提案力・技術力を持つ。設計~製造~施工まで自社一貫体制で全国の案件に対応。

テントの特徴

一級建築士事務所登録に基づく安心設計で、高品質の製品を提供。国土交通省公示666号、667号に基づく建築確認申請にも対応可能。高耐久・コストパフォーマンスに加え、防汚性を新たに兼ね備えた膜材を使用。

製品ラインナップ

産業用テント、建築用テント、農業用テント
商業用/個人用テント、イベント用テント など

山口産業の公式サイトを見てみる
地域社会にも貢献!顧客第一主義のサービスと技術力が理想の空間を製作
今泉テントの画像

引用元:http://imaizumitent.com/

今泉テントは、新潟県の建設会社です。テント倉庫の設計、制作、施工、管理を実施し、顧客第一主義で、環境に配慮しつつ合理化を追求できる設計デザインを提案しています。

事業のかたわら、商店街活性化ワークショップに協力会社として参加。膜材を加工する際に余る端材を使用して、商店街の空き店舗や未利用地に内装を施し、カフェやイベントスペースとして作り変えました。膜構造建築をとおして多方面に活躍している企業です。

今泉テントの画像

引用元:http://imaizumitent.com/

今泉テントは、新潟県の建設会社です。テント倉庫の設計、制作、施工、管理を実施し、顧客第一主義で、環境に配慮しつつ合理化を追求できる設計デザインを提案しています。

事業のかたわら、商店街活性化ワークショップに協力会社として参加。膜材を加工する際に余る端材を使用して、商店街の空き店舗や未利用地に内装を施し、カフェやイベントスペースとして作り変えました。膜構造建築をとおして多方面に活躍している企業です。


顧客第一主義
お客様の要望に寄り添う

環境にも配慮
工場には発電パネル搭載

新しい価値を創造
合理化を追求した設計施工

街の活性化も支援
遊休地を活用し、街づくりを提案

今泉テントの基本情報

特徴

顧客第一主義をモットーに環境に配慮し、合理化を追求できる設計デザインを提案。

テントの特徴

テナントリーシングでは遊休地などを活用し、賑わいのある街づくりを提案。ニーズに合わせたイベント業務のトータルサポートも行う。

製品ラインナップ

天井膜倉庫、テント倉庫、災害廃棄物処理施設
ヘリポート仮設格納庫、中温テント倉庫 など

今泉テントの公式サイトを見てみる
施工後の修理・メンテナンス体制が魅力!作業効率がアップする快適な環境
京浜テックの画像

引用元:https://www.keihin-tec.co.jp/

京浜テックは信頼のものづくりを目指してテント倉庫や製品倉庫を施工してきました。一貫体制によって他社に依頼する手間や費用をカットし、製作日数の短縮とコストダウンを実現。これにより、品質を落とすことなく、スピーディに顧客の要望をカタチにすることを可能としています。

施工後の修理やメンテナンスに備えて、作成した図面は10年以上保管しているので、万が一の場合やトラブル時にも安心の対応が受けられるでしょう。

京浜テックの画像

引用元:https://www.keihin-tec.co.jp/

京浜テックは信頼のものづくりを目指してテント倉庫や製品倉庫を施工してきました。一貫体制によって他社に依頼する手間や費用をカットし、製作日数の短縮とコストダウンを実現。これにより、品質を落とすことなく、スピーディに顧客の要望をカタチにすることを可能としています。

施工後の修理やメンテナンスに備えて、作成した図面は10年以上保管しているので、万が一の場合やトラブル時にも安心の対応が受けられるでしょう。


信頼の一貫体制
スピード施工、コスト削減

図面は10年以上保管
不具合をピンポイント修理

確かな安全・強度設計
建設省認定基準に準拠

スペースを有効活用
簡便・自在な設置にも対応

京浜テックの基本情報

特徴

一貫体制によって他社に依頼する手間や費用をカットし、製作日数の短縮とコストダウンを実現。

テントの特徴

固定式テントは、テント倉庫技術基準に基づいた安全・強度設計。臨海工業地域で鍛え抜かれた設計・技術をもとに開発。

製品ラインナップ

固定式テント、伸縮式テント、荷捌き場上屋テント
開閉式テント、軌道式テント など

京浜テックの公式サイトを見てみる
世界トップクラスのシェア企業が届ける技術!安全で丈夫なテント倉庫を実現
太陽工業の画像

引用元:https://www.taiyokogyo.co.jp/

太陽工業は膜構造建築を中心に事業を展開している企業です。膜構造建築物においては、世界トップクラスのシェアを誇っています。

太陽工業の製品と技術は、スポーツ施設や博覧会場、空港やターミナルなど世界各国の大型膜構造建築物で幅広く活用されており、各方面から高い評価を得ています。積雪に耐えるフレックスハウス多雪タイプなど、それぞれの地域の設計基準にあわせた設計も得意としています。

太陽工業の画像

引用元:https://www.taiyokogyo.co.jp/

太陽工業は膜構造建築を中心に事業を展開している企業です。膜構造建築物においては、世界トップクラスのシェアを誇っています。

太陽工業の製品と技術は、スポーツ施設や博覧会場、空港やターミナルなど世界各国の大型膜構造建築物で幅広く活用されており、各方面から高い評価を得ています。積雪に耐えるフレックスハウス多雪タイプなど、それぞれの地域の設計基準にあわせた設計も得意としています。


多方面からの高評価
各国の大型膜建築物で活用

安心トータルサポート
アフターフォローも充実

幅広い施工実績
寒冷地や豪雪地域にも対応

独自の基本構造
保管品質の向上を実現

太陽工業の基本情報

特徴

膜構造建築物においては、世界トップクラスのシェア。

テントの特徴

固定式テント倉庫は、耐久性に優れた円弧形状の屋根など、各部に渡る工夫で建設コストの低減を基本に保管品質の向上を実現した。

製品ラインナップ

テント倉庫、荷捌場テント
システム建築、レンタルテント など

太陽工業の公式サイトを見てみる
全国の大企業から選ばれるテント倉庫!時代の先駆者が届けるそれぞれの快適
もちひこの画像

引用元:http://www.mochihiko.co.jp/

もちひこは静岡県中部にある由比町という小さな町の中小企業です。倉庫はもとより商業施設、スポーツ施設、学校など様々な分野でのテントハウスの施工実績を持っています。

テントの引き渡し後も定期訪問を行い、点検を実施します。交換・修理の部品や材料を完備しているので、突然の破損や故障の際にはスピーディーに駆けつけてくれるでしょう。

もちひこの画像

引用元:http://www.mochihiko.co.jp/

もちひこは静岡県中部にある由比町という小さな町の中小企業です。倉庫はもとより商業施設、スポーツ施設、学校など様々な分野でのテントハウスの施工実績を持っています。

テントの引き渡し後も定期訪問を行い、点検を実施します。交換・修理の部品や材料を完備しているので、突然の破損や故障の際にはスピーディーに駆けつけてくれるでしょう。


豊富なバリエーション
要望に沿って力スタム可能

環境に合わせた設計
地震・雨や雪にも強い

細やかなサービス対応
お客様のニーズに応える

引き渡し後の定期訪問
テントを点検・迅速修理

もちひこの基本情報

特徴

自社一貫体制を構築し、顧客のニーズに細やかに対応する。

テントの特徴

テントの引き渡し後も定期点検を実施。 突然の破損や故障にも迅速に対応できるよう、交換・修理の部品や材料を完備。

製品ラインナップ

MHW型 固定型テントハウスMHR型、固定型テントハウス
MHS型 固定型テントハウス、MHJ型 ジャバラ式テントハウス など

もちひこの公式サイトを見てみる

テント倉庫とは?

の画像

テント倉庫とは、軽量鉄骨の骨組みにシート状の膜材(テント素材)を張って作る『膜構造』という構造の倉庫です。基本的に法律上は建築物として扱われるため、建築確認申請や法に基づいた設置ルールおよび用途の制限が設けられています。
テント倉庫の用途は主に製造業の材料や運輸・海運などの物流倉庫、販売業の商品倉庫、電気や金属・機械を取り扱う整備場、製品の仕分けや完成品などの管理や作業場に使われることが多いです。

テント倉庫には大きく分けて2つの種類があり「固定式テント倉庫」「可動式テント」に分けられます。
このほか、倉庫とは異なる壁無しの開放的な「テント上屋」もあります。

「固定式テント倉庫」は、テント倉庫の代表的なタイプで、骨組みにテント膜をかぶせた構造をしています。単に「テント倉庫」と呼ぶ場合、「固定式テント倉庫」を指していることが多いです。倉庫としての用途だけでなく、大型の場合は、用途に応じた膜材を選定すれば室内野球練習場、ボルダリング施設、フットサル、バスケット練習場などのスポーツ施設として使用することも可能です。

「可動式テント」は、レールを敷くことにより、建屋がスライドしたり、蛇腹状に伸び縮みするテントです。建屋部分が移動したり、使わないときはたたんで小さくできるので、鉄筋・鉄骨加工工場や塗装ヤード、プラント設備の組立場所など使いたいスペースにあわせて調節できるため、空間の無駄がありません。

「テント上屋」は「荷捌き用テント」とも呼ばれるタイプで、壁のうちすべてまたはいずれかが解放されているものを指します。基本的に屋根のみに膜を張って作るため、ほかのタイプに比べて軽量で作ることができます。用途としては、材料仕分けやトラックからの荷下ろし・積込、倉庫間の雨除け屋根や通路など、作業場として使用することに適しています。

一口に「テント倉庫」と言っても、さまざまな種類と特徴があります。テント倉庫を購入する際は、種類ごとの違いを押さえて目的に応じて選択することをお勧めします。

テント倉庫の費用は、テントの種類・テント膜の種類・面積・施工業者により違います。費用はテントの本体価格と設置費用が必要な点にも注意してください。費用相場は、500㎡を超えると屋内消火栓が必要になるため、500㎡未満での建設がもっとも多く、本体価格では、㎡単価3万~4万程度が目安になり、面積500㎡の大きさであれば、1,500~2,000万円程度となります。
テント倉庫を建設する場合、倉庫の本体価格と施工費用がかかる点に注意しましょう。施工費用とは、本体設置工事費、基礎工事費、土間工事や輸送費、申請費用、消防設備費、電気工事費、換気扇・雨樋などの設備費などのことを言います。
設計・製造と施工が別の業者もありますので、依頼する際は料金設定を確認してください。

テント倉庫と同じく安価で建てられる設備として「システム建設」や「プレハブ倉庫」があります。テント倉庫と似ている形状のものもありますが、これらの倉庫はまったく違うものです。テント倉庫に似ている倉庫の特徴と違いを解説します。

システム建設とは、設計や見積もりなどの建設工程をコンピューターでシステム化し、自動で建設する建築方法です。強度と耐久性があり、ニーズに応じた設計の倉庫を建てることができ、自由度が高いです。主に大規模倉庫や屋根付きのレジャー施設として活用されています。

従来の人の手による設計に比べれば、安価で工期も短い工法です。しかし、テント倉庫の方がより短い期間で建設でき、コストも抑えられます。システム建設は、大きくて強度の高い倉庫が欲しいときに適している建設方法といえます。短期間かつコストを抑えて倉庫を建てたい場合は、テント倉庫の方が適切です。

次にプレハブ倉庫ですが、プレハブ倉庫は工場で柱・梁・壁や床などの部品を作り、建築現場で組み立てる工法です。建材が規格化されているため、職人の技術力による差が生まれません。設計などもいらないため、コストも抑えられます。工事現場の事務所や店舗・アパートなどの小型倉庫やごみ置き場としても活用されている工法です。
プレハブ倉庫は部品を組み立てるだけで設置できるため、工期が短く費用も安く済みます。耐久性もあり、20年近くは活用できます。店舗や事務所などにも使えるため、利用シーンも多いです。しかし、部品が決まっている分形状の自由度は低く、大型の倉庫建築には適していません。小規模でも柱などを設置しなくてはならないため、利用できる空間にも制限があります。
テント倉庫の場合、骨組みを空間にあわせて変えられる分、自由度が高く、大空間の大型倉庫を実現できます。テント膜にも種類があるため、用途ごとに適したものを選べるメリットもあります。多少自由度が下がってもいいから丈夫で安価な倉庫を建てたい場合や、店舗や事務所として活用するなど小規模の倉庫を建てたい場合は、プレハブ倉庫が適しています。一方で、倉庫の形状などに自由度が欲しい場合や、大型倉庫の建築を計画している場合、施工コストを抑えたい場合は、テント倉庫がおすすめです。

テント倉庫は、ほかの工法で建てられた倉庫と比べると、短期間かつ安価に施工できます。
また、軽量なことから軟弱な地盤でも地盤改良などの費用が掛かることが少ない、太陽光を通すので室内が明るく照明などのランニングコストを抑え作業効率が上がるなど、ほかの工法にない特徴もあります。

短納期で倉庫を探している場合や、コストを少しでも抑えたい場合はもちろん、自由度の高さや作業効率を上げたい場合などもテント倉庫をおすすめします。

テント倉庫の耐用年数

の画像

テント倉庫は鉄骨とテント膜の寿命が耐用年数になります。また、テント倉庫の立地や周辺環境により、建材の寿命は変化します。

テント倉庫の鉄骨は、大体30~40年で寿命を迎えます。鉄骨はテントの骨組みを構成する素材のため、鉄骨に寿命が来た場合は立て直しが必要です。

骨組みが寿命を迎えた状態のままテント倉庫を使い続けると、中で管理する物品や資材、倉庫内で作業する人に悪影響がでる可能性が高くなります。鉄骨が寿命を迎えた場合は、できるだけ早く立て直しましょう。

テント倉庫の屋根や壁の役割をするテント膜は、素材により耐久性が違います。テント膜に破れや劣化が生じるタイミングは、大体10~15年です。テント膜は鉄骨と違い、新しく張り替えればテント倉庫を使い続けることができます。建て直しは必要ありません。建築してから10年近くたつテント倉庫は、一度業者へメンテナンスを依頼するといいでしょう。

テント倉庫を使い続けると、目立たない部分に劣化が生じていることもあります。長く安全に使い続けるには、定期的なメンテナンスが必要です。テント倉庫を設置する際は、設置に使った資材の耐用年数を業者に聞いておきましょう。

テント倉庫に限らず、建材は見た目に変化がなくても長期間使い続けると劣化やトラブルの元が生まれている場合があります。劣化やトラブルを避けるには、プロの目によるチェックが必要です。資材の寿命が近づいたら倉庫に目立った劣化がない場合でもメンテナンスを依頼しましょう。

また、テント倉庫を依頼する段階でアフターフォローに力を入れている業者を選べば、メンテナンスやトラブル防止の対策も積極的に取り組んでもらえます。業者選びの際は建築のときだけでなく、アフターフォローも可能なところを選びましょう。

テント倉庫に関する法律

の画像

最初に解説しましたが、テント倉庫は法律上建築物として扱われます。建築の際は、複数のルールを守らなくてはなりません。テント倉庫を建設・利用するのに必要な法律を解説します。

テント倉庫を建築する際には、建築確認申請を行わなくてはなりません。
防火地域及びに準防火地域外おいて10㎡未満の大きさに限り、建築確認申請がいらない場合があります。
しかし、建築基準法・消防法、その他関連条例で届け出が必要な場合があります。
倉庫の規模や必要な届け出を事前に確認しておきましょう。

建築物には、さまざまな用途が法律で決められています。低コストのための緩和措置を受けられるテント倉庫建築物として認められるには基本的に「平成14年度国土交通省告示第667号」を守らなくてはなりません。667号の規定内容をまとめると「膜構造の建築物である」「1階建てである」「屋根や壁がある」「建造物の規模が1,000㎡」「地盤面から肩口までの軒高が5m以下」「屋根の形状が切妻・片流れ・円弧いずれか」です。
667号規定には、階数や構造・規模に制限があります。これに加えて、面積が200㎡以上ある場合や、規定されている基準を超える場合は、建築確認申請に加えて構造計算書の提出も行わなくてはなりません。規定外の規模や用途で利用する場合は、「平成14年度国土交通省告示第666号」など別の法律が適応されます。テント倉庫を設置する際は、倉庫の規模や利用目的に注意しましょう。

テント倉庫に関する法律では、テント膜の生地にも規定を設けています。使用できる生地の条件は、「国土交通省の材料認定を取得した厚み0.45mm以上の膜材料」あるいは、「厚さ0.1mm以上の膜構造フィルム」です。
また、防火の面でも「倉庫を建築する地域」や「倉庫の中に収容する物品の種類」によって、防炎生地、国土交通省より不燃材料認定を取得した不燃生地、または個別に防火材料認定を取得した生地など使用できるテント膜の生地が異なります。

「防炎生地」とは、火が付いた場合、燃え抜けするが広がらず、自己消火性を持つ生地を指します。「不燃生地」は、ガラス基布材に樹脂コーティングされた生地です。表面の樹脂が燃えても基布は燃え抜けないため、火災被害を最小限に抑えられます。

いずれの規定も安心してテント倉庫をご使用いただくうえで必要な条件となりますので、
どのテント膜の生地を使用できるのかを事前にチェックしておきましょう。

これらの条件を満たしている場合でも、地域の条例や制限により、建築許可が下りない場合があります。設置前に、設置する土地を管理する建築指導課へ確認しましょう。

テント倉庫のメリット

01. コストが抑えられる

テント倉庫は構造がシンプルです。設計や施工にかかる手間が少ない分、コストを抑えることができます。また、テント膜が軽量で鉄骨が少なくて済むことから、軟弱な地盤でも地盤改良などの費用が掛かることも少ないです。 システム倉庫やプレハブよりも安い費用で建てられるのは、テント倉庫ならではのメリットです。とにかくコストを抑えて倉庫を建てたい場合は、テント倉庫をご利用ください。

02. 工期が短縮できる

テント倉庫は、鉄骨を組み立てた上にテント膜をかぶせることで完成します。建設にかかる工程が少ないため、短い工期で建てられます。すぐに使い始めることができるため「少しでも早く倉庫を使いたい」などのニーズにも答えられます。工期の短縮ができるのも、テント倉庫の強みです。

03. 変形地でも建築が可能

テント倉庫の骨組みである軽量鉄骨は、組み合わせの自由度が高いです。通常の正方形や長方形などの形はもちろん、三角やひし形などの形に設置できます。システム建設やプレハブ倉庫が設置できない場合でも、テント倉庫なら建築できる場合もあります。可動式テントのように、形が変えられるのも利点のひとつです。

04. 柱のない明るい屋内空間で作業効率アップ

太陽光を通すので室内が明るく、テント膜の軽量性により柱のない大空間を実現することから作業効率アップを見込めます。また、照明コストを抑えることにもつながり、ランニングコストの削減も可能とします。

テント倉庫建築する際に抑えておきたいポイント

ここでは、テント倉庫建築する際に抑えておきたいポイントを解説します。

用途の画像
用途

テント倉庫を建てる際には、どんな用途に使うのかを確認しておきましょう。具体的には、倉庫・荷捌き場・作業場として使うか、それ以外の用途で使うかを判断します。

倉庫として使う場合、扱うものが可燃物・不燃物かで使える建材が違います。また、テント倉庫を建てる地域により、使える建材や立てられる規模などに制限があります。事前に必ず確認しておきましょう。

テント倉庫は、倉庫としての用途だけでなく、運動場のように常に人が活動する場所としても使われます。この場合、先ほど解説したテント倉庫の基準とは別の法律に従って建築や申請を行います。テント倉庫を倉庫以外の用途で活用する場合も、注意が必要です。

大きさの画像
大きさ

テント倉庫は、面積や軒高が法律で制限されています。設置の際はテント倉庫として認められる基準を満たしているかを確認しましょう。

また、テント倉庫の設置費用は、坪単価で計算されていても、間口の大きさごとに金額が異なる場合があります。設置費用は業者ごとに違いますが、坪数や間口が大きければ大きいほど高くなる傾向にあります。

テント倉庫を設置する際は、法律上の制限だけでなく費用の計算方法などにも注目し、設置を依頼するときは、複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。具体的な費用がわかる状態で業者を選べば、費用トラブルを事前に避けられます。

周辺環境の画像
周辺環境

テント倉庫は周辺環境や地域の特性により耐用年数が左右されます。台風や積雪の影響が大きい地域では、そのほかの地域より破損する可能性が高いです。テント倉庫の中には風や雪に強いタイプもありますが、限界はあります。テント倉庫の設置を検討するときは、建設予定地がテント倉庫に適しているかを判断することから始めましょう。

また、テント倉庫は、設置する土地の境界線や建物から離れた位置に建てた方が費用を抑えられる傾向にあります。これは、設置作業中に境界線や建物に影響を与えるトラブルを避けるためです。テント倉庫をよりお得に立てたい場合は、設置する環境にも注意してください。

依頼するテント倉庫メーカーを選ぶポイント

01. 施工実績

まずチェックすべきなのが、施工実績です。施工するメーカーの実力やノウハウは、実績で判断できます。実績があるメーカーであれば、ホームページなどに施工実績を掲載しています。気になるメーカーがあれば、企業のホームページから施工実績がどれだけあるかを確認しましょう。

02. 品質・技術力

実績と同じくらいチェックしてほしいのが、施工品質や技術力です。施工品質や技術力を見定めるには、ISO認証を取得しているかどうかが重要となってきます。また、施工に対する要望をどれだけこたえてくれるかもチェックしましょう。これは実際に見積もりを依頼したときの対応で判断できます。依頼者の要望をきちんとくみ取り、誠実な対応や提案をしてくれるかに注目しながら依頼してください。

03. 製品のバリエーション

実績や技術力を図るポイントにもなるのが、扱う製品のバリエーションです。扱うテント倉庫の種類が多ければ、その分対応できる要望も多いことがわかります。依頼したいメーカーがどんなテント倉庫を建てられるかをチェックしましょう。テント倉庫は、倉庫本体だけでなく、倉庫に使う設備やオプションがあります。メーカーを選ぶ際は、設置できる設備やオプションの数・内容も忘れずにチェックしましょう。

04. アフターフォロー

テント倉庫はアフターフォローが必要な設備です。メーカーを選ぶときには、アフターフォローの内容もチェックしましょう。設置後のメンテナンスやトラブル対応がどこまでできるかを確認してください。候補となるメーカーが複数ある場合は、アフターフォローが充実しているかで判断すると、いざというときでも安心して任せられるメーカーを選べます。

技術力が確かな信頼できるメーカーに依頼しましょう

テント倉庫を施工できる業者はたくさんあります。安全に倉庫を利用するには、技術力が確かなメーカーに依頼しましょう。信頼できるメーカーは、設置に関する相談もこころよく受け付けてくれます。テント倉庫を設置する際は、業者へ設置の相談や見積もりを依頼することから始めましょう。
イメージ1
2
3
4
5
会社名山口産業今泉テント京浜テック太陽工業もちひこ
特徴豊富な実績、ノウハウを持ったテントマイスターによる信頼の提案力・技術力を持つ。全国の案件に対応。顧客第一主義をモットーに環境に配慮し、合理化を追求できる設計デザインを提案。一貫体制によって他社に依頼する手間や費用をカットし、製作日数の短縮とコストダウンを実現。膜構造建築物においては、世界シェアトップクラスのシェア。自社一貫体制を構築し、顧客のニーズに細やかに対応する。
テントの特徴国土交通省公示667号に基づく安心設計で、長期に渡り利用できる。高耐久・コストパフォーマンスに加え、防汚性を新たに兼ね備えた膜材を使用。テナントリーシングでは遊休地などを活用し、賑わいのある街づくりを提案。ニーズに合わせたイベント業務のトータルサポートも行う。固定式テントは、テント倉庫技術基準に基づいた安全・強度設計。臨海工業地域で鍛え抜かれた設計・技術をもとに開発。固定式テント倉庫は、耐久性に優れた円弧形状の屋根など、各部に渡る工夫で建設コストの低減を基本に保管品質の向上を実現した。テントの引き渡し後も定期点検を実施。 突然の破損や故障にも迅速に対応できるよう、交換・修理の部品や材料を完備。
製品ラインナップ産業用テント
建築用テント
農業用テント
商業用/個人用テント
イベント用テント など
天井膜倉庫
テント倉庫
災害廃棄物処理施設
ヘリポート仮設格納庫
中温テント倉庫 など
固定式テント
伸縮式テント
荷捌き場上屋テント
開閉式テント
軌道式テント など
テント倉庫
荷捌場テント
システム建築
レンタルテント など
MHW型 固定型テントハウス
MHR型 固定型テントハウス
MHS型 固定型テントハウス
MHJ型 ジャバラ式テントハウス など
問い合わせ電話・メールフォーム
TEL:0952-74-2525
電話・メールフォーム
TEL:0258-22-0088
電話・メールフォーム
TEL:045-900-7020
電話・メールフォーム
TEL:03-3714-3317
メールフォーム
詳細リンク
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら