テント倉庫とプレハブ倉庫を比較!テント倉庫のほうがよい場合とは?

公開日:2022/12/15   最終更新日:2022/11/29


会社を経営するにあたり、倉庫が必要になるケースも少なくありません。しかし倉庫と一言でいっても、テント倉庫もあればプレハブ倉庫もあります。正直どれがよいのかわからないのではありませんか。そこで今回はテント倉庫とプレハブ倉庫を比較し、テント倉庫のほうがよい場合を紹介します。ぜひじっくり読んでみてください。

テント倉庫とプレハブ倉庫の活用方法の違い

テント倉庫とプレハブ倉庫には、活用方法に若干の違いがあります。自社にとって、どちらのほうがマッチングするのかを考えながら読んでもらえたら幸いです。

テント倉庫の活用方法

テント倉庫は骨組みを組み、その上にシートを被せるだけのシンプルな作りです。したがって、ほかの倉庫と比較すると短期間で施工できるため、早急に倉庫が必要な場合にも適しています。また、さまざまな地形にも対応しており、軟弱な地盤の上でも施工できるメリットがあります。幅広い場面で活用されるものでもあり、一時的な利用にも適しています。ちなみにテント倉庫の価格は、坪単価で約7万円が目安です。

プレハブ倉庫の活用方法

工場である程度作られた部品を現場に持ち込み、それらを組み立てていくのがプレハブ倉庫です。テント倉庫ほどではありませんが、比較的簡単に組み立てられ、安価に作れるのも魅力の一つです。プレハブ倉庫は主に工場で使われることが多く、近年だと店舗およびアパートなどで活用されることも増えてきました。ちなみにプレハブ倉庫の価格は、坪単価で約15万円が目安です。

テント倉庫のほうがよい場合

テント倉庫とプレハブ倉庫のどちらにしようか悩むところですが、倉庫内で人が活動しないのであればテント倉庫の活用をおすすめします。そもそも、テント倉庫は人がテント倉庫の中で活動しない使い方など一定の条件が当てはまると、確認申請の緩和措置が受けられるのです。

結果として建設費を抑えられることになり、負担を少なくできるメリットが出てきます。ちなみに、プレハブ倉庫の場合は人が倉庫内で活用してもしなくても確認申請の内容に変化はないため、建設費用は一緒です。

電気代を抑えたい場合

細かな部分になりますが、電気代を抑えたい場合もテント倉庫がおすすめです。プレハブ倉庫の場合、窓を設置できることもありますが、比較的日光を遮ることになるため、昼間の作業でも電気が必要になることが多いです。一方のテント倉庫の場合は、明るい色(光を通りやすい)のテント生地を使用することで昼間は照明不要になることも多く、電気代の節約が期待できます。

汎用性を重視したい場合

テント倉庫の場合は、目的変更にも柔軟に対応できます。使用の変更や骨組みによって組み方を簡単に変更できるため、敷地の規模にも合わせられます。形状も柔軟に変えられるため、その時々、状況に合わせて利用できるのです。一方のプレハブ倉庫は、規格に合わせて建てられるのが一般的であり、柱を設置する必要があるため、一度建てるとなかなか変更はできません。将来的に敷地の広さが変わったり形状を変えたりしたいということであれば、テント倉庫を選びましょう。

短期間で倉庫を利用したい場合

テント倉庫とプレハブ倉庫では、納期までに若干の違いがあります。テント倉庫は、比較鉄器早い段階で納期を迎えられるため、すぐに活用したいときに適しています。ちなみに、テント倉庫の納期の目安は1か月から2か月程度です。一方のプレハブ倉庫の納期は、約1か月から3か月程度であり、若干時間がかかることもあるので、利用する際は施工会社と前もって相談しておくのがおすすめです。

費用対効果を求めたい場合

テント倉庫は安上がりであり、コストを抑えたい時の利用に適しています。劣化しやすいのはデメリットですが、定期的な張替えである程度の強度は保てるため、長期的な利用も問題ありません。つまり、費用対効果に優れているのがテント倉庫なのです。また種類も豊富であり、大型テント倉庫に小型テント倉庫、上屋テント(荷捌き用テント)や可動式テント、積雪テントなどもあります。状況に合わせた適切なテントを選べるのもテント倉庫のメリットの一つです。

テント倉庫とプレハブ倉庫は用途・目的に合わせて選ぶのがよい

テント倉庫とプレハブ倉庫はどちらにもメリットがあるため、一概にどちらがよいとはいえません。選ぶ際は、用途・目的から判断するのがおすすめです。たとえば、とくに変更する予定はなく、長期間利用するのであればプレハブ倉庫を選びましょう。

一方で、将来的に変更を計画していたり短期間での変更を計画していたりするのであれば、テント倉庫がおすすめです。ただ、予算もあると思うので、まずは業者に見積もりを取ってもらい、そのうえで決めるのがよいでしょう。

まとめ

テント倉庫とプレハブ倉庫を比較し、そのうえでテント倉庫のほうがよい場合を紹介しました。テント倉庫とプレハブ倉庫には、価格や耐久性、そして汎用性などに大きな違いがあります。価格を重視するならテント倉庫がおすすめで、耐久性を重視するのであればプレハブ倉庫がよいでしょう。汎用性を重視する場合は、テント倉庫が適しています。それぞれの会社によって、どちらがよいかは大きく異なります。まずはテント会社に相談し、そのうえで適切な倉庫を選んではいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

今回の記事は、上屋テントについて解説します。上屋テントは、壁がないため大型車両も簡単に出入りできます。また、工期が短く費用も抑えられるメリットがあります。雨をしのぎながら工場で効率的に業務を

続きを読む

今回は、可動式テント倉庫について紹介します。可動式テント倉庫は、スライドタイプと移動式タイプがあり、それぞれ異なる特長があります。とはいえ、どちらも便利に活用できるものです。伸縮するテントや

続きを読む

1年未満の短い期間だけテント倉庫をレンタルしたい人に、今回の記事はおすすめです。テント倉庫を購入するほどでもなく、プレハブ倉庫を設置するほどでもないときは、テント倉庫をレンタルしましょう。最

続きを読む

テント倉庫とは軽量の鉄骨を組み、その上からシート膜をかぶせて作る倉庫のことを指します。 具体的な基準としては、1階建て・膜構造・面積が1,000㎡以下・軒下5m以下・屋根が切妻、片流れ、円弧

続きを読む

テント倉庫は設計から施工まで短い納期で導入が可能であり、低コストでの建設ができ、内部空間が明るいといったメリットがあります。多くの企業で導入されていますが、構造に関しては深く理解されていませ

続きを読む

倉庫の建築方法にはさまざまな種類があり、工期の長さや耐久性、そして価格も異なります。どの倉庫を利用するにしても、その特徴を深く理解して有効活用する必要があるのです。そこでこの記事ではテント倉

続きを読む

会社を経営するにあたり、倉庫が必要になるケースも少なくありません。しかし倉庫と一言でいっても、テント倉庫もあればプレハブ倉庫もあります。正直どれがよいのかわからないのではありませんか。そこで

続きを読む

会社を経営していると、自社で倉庫を保有したいと考えるケースがあるでしょう。しかし一口に倉庫といっても、テント倉庫やプレハブ倉庫、システム倉庫といった選択肢があります。それぞれに特徴があります

続きを読む

有限会社満天 本社:〒462-0002 愛知県名古屋市北区六が池町515番地2 TEL:0800-888-5778 営業時間:10:00~17:00 定休日:土日祝 テント倉庫をたてることが

続きを読む

有限会社美酬テント商会 住所:〒504-0941 岐阜県各務原市三井町6丁目20-1 TEL:058-389-1391 有限会社美酬テント商会は、岐阜県のテント倉庫建築業者です。テント倉庫の

続きを読む