ローコストで倉庫を建てたい!倉庫建築を検討する際のチェックポイント

公開日:2022/05/23  

ローコスト

ネット通販の普及により、EC市場は年々増加しています。そこで私たちが注文してすぐに商品が受け取れるために重要な役割を担っているのが「倉庫」です。しかし、倉庫は前の会社が使っていた場所を引き継いだり、長年使用し老朽化していたりすることも少なくありません。今回は、倉庫の建築を検討する際のチェックポイントをご紹介します。

倉庫の建て替えを検討するべきタイミング

倉庫を建て替えるべきタイミングは「老朽化」「事業拡大」「倉庫の自動化」と大きく分けて3つあります。

老朽化による建て替え

倉庫には、商品が大量に保管されている場所です。倉庫の老朽化が進んでしまうと、倉庫が重い荷物に耐えきれなくなって破損してしまう・雨漏りなどで大切な商品が売れなくなってしまう、などのトラブルが起きます。安全性・商品管理のためにも、老朽化が進んでいたら建て替えのタイミングであると考えましょう。

事業拡大

事業拡大によって、既存の商品よりも多くの製品を取り扱う・まったく新しい商品を保管することが決まったら、商品の性質や容量に合わせて、建て替えを行いましょう。食料品など温度管理が必要なものは、冷蔵室などの導入が必要です。空間によって商品の質は変わってきますので、細かな気配りが大切になります。

倉庫の自動化

近年は、どの分野の業界においても機械による自動化がキーワードとなっています。また、物流業界はハードな労働というイメージから、人手不足の状態が続いています。そのような状況のなかで、人の負担を減らして人件費を削減できる倉庫の自動化が注目されています。自動化倉庫を導入するためには、新たな設備やシステムを取り入れる必要があるため、倉庫の部分的な改修や、全体の建て替えを検討しましょう。

倉庫建築を検討する際のチェックポイント

倉庫を建て替える際、注目すべきポイントがいくつかあります。初めに何のために建て替えをするのか?という目的の明確化をしたのち、資金調達をする必要があります。工事期間中にも業務を行いたいのであれば、細かなスケジューリングも必要です。

目的の明確化

工場は、効率のよさが最も重要視される空間です。「どのような目的で工場を建て替えるのか」「今の工場に何が足りなくて、必要な機械やスペースは何か」など目的を明確化することで、設計がスムーズに進みます。また、最初から目的がはっきりとしていれば、あとから何度も機能を付け足す・改修するといった手間を省くことができます。

資金調達

工場の建て替えには、通常の住宅よりもコストがかかります。必要な資金のトータルを計算し、今後の経営に影響を及ぼさないかどうか検討しましょう。また、政府や自治体が補助金を出している場合もあるため、工事を始める前に確認してみましょう。

今の土地は最適かどうか検討する

事業を拡大する場合、より広い空間が必要となる場合もあります。今の工場の構造は、事業拡大に適しているかどうか検討し、必要に応じて移転することも考えましょう。また、面積を勝手に増やしすぎてしまうと、建築法に違反してしまう可能性もあるため注意が必要です。

工事期間中の事業の計画

たとえ倉庫の工事中だったとしても、事業は続けるという企業がほとんどです。経済活動が停止してしまわないように建築業者と確認し、スケジュールを立てましょう。また、受注や生産スケジュールを調整することで、顧客とのトラブルを未然に防ぐことができます。

安く建てるなら「テント倉庫」がおすすめ!

「予算を充分に確保できない」「生産活動をなるべく早く再開したい」倉庫の建て替えを検討している人のなかで、このような悩みを抱えている方はテント倉庫がおすすめです。テント倉庫は、ほかの建て替え工事と比較して低コスト・工期の短縮が期待できます。

工期の短縮に対応

一般的に倉庫の建て替え工事は、着工から完成まで工期が長いことが特徴ですが、テント倉庫では、基礎工事・鉄骨組み立て・生地はりという短い工程で作業を進めているので、短い期間で建て替えを完成させることができます。

低コストで安心

テント倉庫は、シンプルな構造であるため、材料の費用を抑えることができます。また、施工に多くの人数を必要としないため、人件費もかからないことがポイントです。資金調達が難しいけど倉庫は建て替えたい、という企業向けの倉庫になります。

敷地に合わせての設置が可能

倉庫を建設したくても、三角形や丸い形の敷地で無駄な余白が生まれてしまうことはよくあります。テント倉庫は、骨組みを敷地に合わせることができるため、理想の環境や空間を実現できます。

 

倉庫は、老朽化や事業拡大などによって建て替えが必要です。しかし、建て替えには多くの資金が必要となること、建て替え時には生産性が落ちてしまうことから、工事を諦める人も少なくありません。しかし、テント倉庫の設置なら低コストで、できるだけ短い期間で工事を終わらせることができるので、おすすめです。

 

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

テント倉庫の運営において、その種類によって登記は法的な義務ではありませんが、無登記のままで経営すると様々なリスクが潜んでいます。登記を怠ると、所有権の混乱や契約の問題が生じ、法的な保護が得ら

続きを読む

テント倉庫は多岐にわたり、その種類は用途や機能に基づいて異なります。物品の保管、展示会、一時的な作業スペースなど、ニーズに合わせた適切なテント倉庫を選ぶことは重要です。本記事では、異なるタイ

続きを読む

テント倉庫の耐震性は重要な要素です。同時に、耐久性も検討すべきで、長期間の使用に耐える頑丈な構造が求められます。コスト面でも効率的であることが望ましいですが、安全性と耐久性に優れたテント倉庫

続きを読む

組み立てた鉄骨にシート膜を張ったテント倉庫は、低コスト・短期間で建てられるとあって人気を集めています。一方で気になるのが、テント倉庫における暑さ対策です。空調を付けられるのか気になる人も多い

続きを読む

リーズナブルな予算と短い工期で完成することから人気の高いテント倉庫ですが、消火設備のルールを守らなければいけません。ルールを守らずにテント倉庫を設置すると、火災が起きたときに人命や財産に危害

続きを読む

これからテント倉庫を設置しようと思ったときに気になるのが、建築確認申請ではないでしょうか?基本的にはテント倉庫の設置には必要で、申請を怠ると不利益を受ける可能性が生じます。今回は、テント倉庫

続きを読む

たくさんのものを保管するには倉庫が必要です。一般的な倉庫はしっかりした建物を想像する方が多いのではないでしょうか。運送業や製造業で資材管理、保管場所などに使われています。そんな一般的な倉庫と

続きを読む

テント倉庫は一般的な倉庫に比べると、短期間、低コストで設置できるのが魅力です。手軽に設置できるのテント倉庫ですが、天井クレーンを付けることはできるのでしょうか?今回は、テント倉庫に天井クレー

続きを読む

テント倉庫とは一般的な倉庫とは異なり、屋根にシート膜をかぶせた軽量鉄骨式の倉庫のことです。設置までの期間が短い、費用が安い、耐震性が高いといったメリットがあります。そんなテント倉庫ですが、さ

続きを読む

今回の記事は、上屋テントについて解説します。上屋テントは、壁がないため大型車両も簡単に出入りできます。また、工期が短く費用も抑えられるメリットがあります。雨をしのぎながら工場で効率的に業務を

続きを読む