テント倉庫はレンタルできる?リースとの違いやレンタルの流れを解説

公開日:2023/03/15   最終更新日:2023/02/07


1年未満の短い期間だけテント倉庫をレンタルしたい人に、今回の記事はおすすめです。テント倉庫を購入するほどでもなく、プレハブ倉庫を設置するほどでもないときは、テント倉庫をレンタルしましょう。最短1か月からレンタルできるので便利です。リースよりも融通性があるので、興味がある人は記事を読み進めてください。

テント倉庫のレンタルとは

最長1年間テント倉庫をレンタルできます。数か月単位でレンタルできるので便利です。

最短1か月から利用できる

最短1か月から利用可能なので、一時的にテント倉庫を使用したい場合におすすめです。たとえば、工事現場の資材置き場として短期間保管したいときや、トラックなどを雨風から守るために一時的に使用したい場合におすすめです。好きな場所で好きな数のテント倉庫がレンタルできるので便利です。

テント倉庫のレンタル・リースの違い

よく混同されるレンタルとリースの違いを見ていきましょう。

目的

レンタルは、テント倉庫を一時的に使用したい場合に活用します。リースは、ある程度の長い期間テント倉庫を使用したい場合に活用します。

タイプの選定

レンタルは在庫品のみとなります。規格外は対応していません。リースは規格外にも対応しています。

契約期間

レンタルは最長1年、リースは一般的に3~7年となっています。

契約内容

レンタルは条件にもよりますが解約可能です。リースは解約不可となっています。

在庫

レンタルはレンタル会社が保有しますが、リースはリース会社が保有しません。

料金

レンタルはリースより費用が高くなります。リースはレンタルより費用が安くなるだけではなく、期間満了後には大幅に安くなります。

テント倉庫をレンタルするメリット

メリットを4つ紹介します。テント倉庫を購入するほどでもないときに積極的に利用しましょう。

費用を抑えられる

プレハブ倉庫を建てると費用がかさみます。それに加えて一時的に使用したいときに建物を建てるのは非効率的です。1年未満の短い期間だけ使用したいときはテント倉庫を購入するよりレンタルしましょう。リースの場合は一般的に3~5年間は使用するようになっています。レンタルは使用する期間が短いので費用を抑えられるメリットがあります。

工期が短い

打ち合わせから完成まで最短1週間です。プレハブ倉庫を建てるときは1か月以上の期間を費やすので、工期の違いは明らかです。工期が短いぶん、作業員の人件費が削減されているので費用を抑えられます。

また、急いでテント倉庫を建ててほしいときにおすすめです。レンタルの場合はリースとは異なり、テント倉庫の規格が決められていることに加えて、レンタル会社がテント倉庫を保管しているので、すぐに工事に取りかかれる強みもあります。

スムーズに撤去できる

テント倉庫の撤去に時間がかかるのは避けたいものです。とくに、次の現場に急いで向かわなくてはいけないときに撤去の立ち会いが長引くと業務に支障が出ます。テント倉庫の場合は1日で撤去が完了するので、あらかじめ業者と日程調整しておけば柔軟に対応してもらえます。プレハブ倉庫の撤去は1日で終了しません。スピーディーに対応できるのがメリットです。

自由度が高い設計

レンタルのテント倉庫は規格が決められたものですが、防音室や間仕切りをつけられるようになっています。顧客の要望に対応できるので安心してください。また、製品を一時的に保管するための場所として使用されるケースもあるでしょう。雨風をしのげてもテント倉庫内に結露が発生してしまうと、製品の品質が悪化してしまう可能性があります。そのようなことが発生しないように、結露防止やUVカット加工などにも対応できます。

テント倉庫をレンタルするときの流れ

繁忙期の倉庫置き場として一時的にテント倉庫を使用したいときでも安心してサービスを利用できます。工期が短いのですぐに使用できます。

ヒアリング

テント倉庫を使用する目的や用途を業者に伝えます。希望するテント倉庫があればリクエストしましょう。分からない場合は業者に相談して決めたほうがよいでしょう。

申し込み

テント倉庫の設置を希望する場所を業者に調査してもらいます。その後、2~3日で見積もりが届くので内容を確認します。見積書の内容に納得できれば申し込みましょう。

施工

最短2~3日でテント倉庫が完成します。工期が短いので急いで使用したいときも安心です。

引き渡し

施工完了後に検査を受けて、問題が無ければ業者から引き渡してもらいます。その日から使用できます。

支払い

毎月使用料金を支払います。最長1年間使用できます。なお、施工費用は最初の月額料金と同じタイミングで請求されます。

撤去

1~2日で撤去が完了します。撤去費用が別途発生します。

まとめ

仮設の荷物置き場や繁忙期の臨時倉庫として、テント倉庫はレンタルされています。コストを抑えられるだけではなく工期も短いので、物流業界や建築現場で積極的に活用されています。興味がある人は業者に問い合わせてみましょう。なお、テント倉庫をレンタルした場合の買取はできないので注意してください。詳細はインターネットでも調べられます。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

テント倉庫の運営において、その種類によって登記は法的な義務ではありませんが、無登記のままで経営すると様々なリスクが潜んでいます。登記を怠ると、所有権の混乱や契約の問題が生じ、法的な保護が得ら

続きを読む

テント倉庫は多岐にわたり、その種類は用途や機能に基づいて異なります。物品の保管、展示会、一時的な作業スペースなど、ニーズに合わせた適切なテント倉庫を選ぶことは重要です。本記事では、異なるタイ

続きを読む

テント倉庫の耐震性は重要な要素です。同時に、耐久性も検討すべきで、長期間の使用に耐える頑丈な構造が求められます。コスト面でも効率的であることが望ましいですが、安全性と耐久性に優れたテント倉庫

続きを読む

組み立てた鉄骨にシート膜を張ったテント倉庫は、低コスト・短期間で建てられるとあって人気を集めています。一方で気になるのが、テント倉庫における暑さ対策です。空調を付けられるのか気になる人も多い

続きを読む

リーズナブルな予算と短い工期で完成することから人気の高いテント倉庫ですが、消火設備のルールを守らなければいけません。ルールを守らずにテント倉庫を設置すると、火災が起きたときに人命や財産に危害

続きを読む

これからテント倉庫を設置しようと思ったときに気になるのが、建築確認申請ではないでしょうか?基本的にはテント倉庫の設置には必要で、申請を怠ると不利益を受ける可能性が生じます。今回は、テント倉庫

続きを読む

たくさんのものを保管するには倉庫が必要です。一般的な倉庫はしっかりした建物を想像する方が多いのではないでしょうか。運送業や製造業で資材管理、保管場所などに使われています。そんな一般的な倉庫と

続きを読む

テント倉庫は一般的な倉庫に比べると、短期間、低コストで設置できるのが魅力です。手軽に設置できるのテント倉庫ですが、天井クレーンを付けることはできるのでしょうか?今回は、テント倉庫に天井クレー

続きを読む

テント倉庫とは一般的な倉庫とは異なり、屋根にシート膜をかぶせた軽量鉄骨式の倉庫のことです。設置までの期間が短い、費用が安い、耐震性が高いといったメリットがあります。そんなテント倉庫ですが、さ

続きを読む

今回の記事は、上屋テントについて解説します。上屋テントは、壁がないため大型車両も簡単に出入りできます。また、工期が短く費用も抑えられるメリットがあります。雨をしのぎながら工場で効率的に業務を

続きを読む