株式会社ハシマシート工業の口コミや評判

公開日:2022/07/15   最終更新日:2022/07/06

株式会社ハシマシート工業
住所:〒501-6228 岐阜県羽島市正木町不破一色228-2
TEL:058-392-8258

会社が大きくなるにつれて、自社で倉庫を保有したいと考えるケースがあるでしょう。しかし、倉庫といっても工法や大きさ、費用、耐用年数などさまざまなポイントをチェックしたうえで検討しなければなりません。そこで本記事では、テント倉庫で豊富な施工実績のある株式会社ハシマシート工業の特徴について紹介します。

テント倉庫施工2,600件以上の実績あり

商品の取り扱い数が増えてきた、短期間で倉庫が必要、物流や商品管理にかかるコストを削減できる倉庫が欲しいなど、倉庫に求める機能や要望はさまざまでしょう。しかし、一口に倉庫といっても種類があり、テント倉庫やプレハブ倉庫、システム倉庫といった選択肢があります。

その中でも、建設コストを抑えつつ、短い工期でテントを完成させたい方におすすめなのがテント倉庫です。テント倉庫は骨組みにテントを張るだけのシンプルな部材と工程で完成させられるため、低予算・短納期を希望する方にピッタリなのです。

ただ、テント倉庫を建設する際は、業者選びが重要なポイントとなります。業者によって対応可能なオプションや費用が異なるため、要望に合うテント倉庫の建設が可能かどうかを見極める必要があるのです。そこで優良業者かどうかを見極めるポイントの一つが、施工実績です。テント倉庫の施工実績が豊富な業者は、高品質で丁寧なサービスをしていると判断できるでしょう。

たとえば株式会社ハシマシート工業は、1978年に帆布製造を主として創業し、現在ではテント倉庫を主軸とする企業となっています。これまでにテント倉庫の施工実績が2,600件以上あります。つまり、株式会社ハシマシート工業のテント倉庫は豊富な施工実績があることから、品質が担保できてきるといえるでしょう。

地震に強く、エコロジーなテント倉庫だから選ばれている

株式会社ハシマシート工業は、豊富な施工実績から得たノウハウをもとに、日々高品質なテント倉庫を提供するための工夫を行っています。また、創業から歴史があり、テント倉庫の提案・設計・製造・施工といったすべてのステップを自社で管理しているのも特徴といえるでしょう。

テント倉庫の品質向上に努めている株式会社ハシマシート工業では、耐震性能の開発・追及も徹底しています。日本は地震大国であり、いつ何時大震災に見舞われるかがわかりません。地震でテント倉庫が崩れてしまったら、保管している商品がダメージを受けてしまったり、中で働いている従業員が危険な目に合ったりするでしょう。

そこで株式会社ハシマシート工業では、1級建築士が図面の作成・構造計算を行い、高い耐震性が確保されたテント倉庫のみを提案しているのです。また、テント倉庫に使用する膜材は、アイボリー色を採用しています。アイボリー色の膜材は太陽の光を透過させ、日中は照明が不要となります。日中に照明が不要になることで、テント倉庫のランニングコスト削減、結果としてエコにも貢献しています。

株式会社ハシマシートのテント倉庫はラインアップが豊富

テント倉庫を建設するといっても、必要な大きさや形状、屋根の形が異なるでしょう。また、豪雪地帯にテント倉庫を設置する場合は、雪の重みに耐えられる骨組みの強度、雪が滑りやすくなる屋根の形状にしなければなりません。さらに、必要な出入り口の数やサッシの数も異なるでしょう。

そこで株式会社ハシマシート工業では、完全オーダーメイドのテント倉庫の提案を実施しています。顧客の要望を叶えるために完全自由設計のプランを用意しており、テントの膜材に使用する生地の選定や骨組みの形状、倉庫の大きさまで一つ一つを要望に合わせて決定します。また、規格型のテント倉庫も複数用意しており、規格型の場合は23日で施工可能です。

レンタルテント倉庫なら月々m²/1,500円から利用可能

テント倉庫を検討している方の中には、短期間だけテント倉庫を使用したい、とにかくすぐにテント倉庫を使いたいというケースがあるでしょう。そのような場合は、株式会社ハシマシート工業のレンタルテント倉庫を利用するのがおすすめです。急な利用や繁忙期だけ、短期間だけ利用したい方に適したサービスであり、一か月あたりm²/1,500円から利用できます。

すでに建設されているテント倉庫を借りられるため、一からプランニングしたり、施工したりする期間を省略できるのです。なお、レンタル倉庫であっても、1級建築士による図面作成・構造計算を実施しているため、耐震性も確保されています。

 

株式会社ハシマシート工業は、これまでに2,600件以上のテント倉庫を施工してきた実績があります。豊富な施工実績を生かし、日々高品質なテント倉庫を追求しているのが特徴です。株式会社ハシマシート工業のテント倉庫は、1級建築士が図面の作成・構造計算を実施し、耐震性が確保された倉庫のみを提供しています。

なお、テント倉庫はレンタルも可能です。短期間の利用や急に倉庫が必要になったという場合は、レンタルを検討するのがおすすめです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

テント倉庫の運営において、その種類によって登記は法的な義務ではありませんが、無登記のままで経営すると様々なリスクが潜んでいます。登記を怠ると、所有権の混乱や契約の問題が生じ、法的な保護が得ら

続きを読む

テント倉庫は多岐にわたり、その種類は用途や機能に基づいて異なります。物品の保管、展示会、一時的な作業スペースなど、ニーズに合わせた適切なテント倉庫を選ぶことは重要です。本記事では、異なるタイ

続きを読む

テント倉庫の耐震性は重要な要素です。同時に、耐久性も検討すべきで、長期間の使用に耐える頑丈な構造が求められます。コスト面でも効率的であることが望ましいですが、安全性と耐久性に優れたテント倉庫

続きを読む

組み立てた鉄骨にシート膜を張ったテント倉庫は、低コスト・短期間で建てられるとあって人気を集めています。一方で気になるのが、テント倉庫における暑さ対策です。空調を付けられるのか気になる人も多い

続きを読む

リーズナブルな予算と短い工期で完成することから人気の高いテント倉庫ですが、消火設備のルールを守らなければいけません。ルールを守らずにテント倉庫を設置すると、火災が起きたときに人命や財産に危害

続きを読む

これからテント倉庫を設置しようと思ったときに気になるのが、建築確認申請ではないでしょうか?基本的にはテント倉庫の設置には必要で、申請を怠ると不利益を受ける可能性が生じます。今回は、テント倉庫

続きを読む

たくさんのものを保管するには倉庫が必要です。一般的な倉庫はしっかりした建物を想像する方が多いのではないでしょうか。運送業や製造業で資材管理、保管場所などに使われています。そんな一般的な倉庫と

続きを読む

テント倉庫は一般的な倉庫に比べると、短期間、低コストで設置できるのが魅力です。手軽に設置できるのテント倉庫ですが、天井クレーンを付けることはできるのでしょうか?今回は、テント倉庫に天井クレー

続きを読む

テント倉庫とは一般的な倉庫とは異なり、屋根にシート膜をかぶせた軽量鉄骨式の倉庫のことです。設置までの期間が短い、費用が安い、耐震性が高いといったメリットがあります。そんなテント倉庫ですが、さ

続きを読む

今回の記事は、上屋テントについて解説します。上屋テントは、壁がないため大型車両も簡単に出入りできます。また、工期が短く費用も抑えられるメリットがあります。雨をしのぎながら工場で効率的に業務を

続きを読む